スマホが300倍ズームの顕微鏡に変身する「iMICROSCOPE」

あなたのスマホが顕微鏡に!

「iMICROSCOPE」は、スマートフォンの背面に取り付ける撮影ガジェット。なんと、最大300倍までのミクロ撮影を可能にするという製品です。

スマホカメラの新しい可能性を切り開く逸品として、世界中から注目を浴びています。

脅威の300倍ズーム!

印刷物のピクセルや繊維、植物などを観察し、なおかつそれを撮影するとしたら?

我々が知っている一般的な顕微鏡は、物を見ることができてもそれを撮影することはできません。ですがiMICROSCOPEは、専用アプリとの連携でそれを実現させてくれます。

スマホのデジタルズーム機能と組み合わせることにより、最大300倍の拡大を可能にするこのガジェット。キメ細かな布の繊維や雪の結晶なども、これで観察することができます。

クラウドファンディング「Kickstarter」でのキャンペーンページ内にある写真では、iPhoneSEに設置したiMICROSCOPEでドル札の文字を拡大しています。

暗い部屋でも観察可能

また、観察対象のものに照明を当てる機能も備わっています。従来型の顕微鏡では「部屋を明るくしないとよく見えない」「影ができてしまう」ということがありますが、iMICROSCOPEならそうした心配はありません。

さらに、専用アプリで画面内に物差しを表示することも。コンマ何mmという物体の大きさを正確に測定することができます。

1万1000円から

iMICROSCOPEは現在、Kickstarterで出資を受け付けています。

プレオーダーの価格は、1台124カナダドル(約1万1000円)から。配送は4月を予定しています。

Source: Kickstarter

 

 この記事が気に入ったらいいね!しよう

Content retrieved from: https://sakidori.co/article/270055.