働き方改革の一環として「スタンディングデスク」ーアイリスオーヤマ

スタンディングデスクは有効?

世界的にも有名な大手企業ではこのスタンディングデスクを取り入れているところが増えている。
スタンディングデスクは、長時間座った状態で行う作業よりも立って行うことで効率が上がるという。
そして、立ってパソコン作業することで、座った状態でパソコン作業するときにありがちな、「ダラダラ作業」がなくなる。
近年では作業デスクだけでなく、ミーティング自体もスタンディングデスクを利用して、立ったままミーティングすることも多い。
スタンディングデスクを導入することで、なぜ「働き方改革」の一環になるのでしょうか?

とにかく効率を上げる

労働時間を短くするという点で考えても、作業効率を上げることが一番の解決方法になります。
効率が上がれば、時間内にできる作業量が増える。
可能作業量が増えれば、仕事が早く片付く。
仕事が早く片付けば、残業の必要がなくなる。
結果的に、良い循環になる。

だからこそまずは仕事(作業)効率を上げることが重要なんです。

誰でも経験があると思いますが、ずっと長時間イスに座っていると、集中力がみるみる落ちていくと思います。
そんなときに、一度席を立ってみると頭がスッキリするし、すべきことを至短時間で終わらせることができるんです。

これを早速取り入れているのがアイリスオーヤマです。
どんな取り組みをしているのか、↓↓↓から確認してみて下さい。

このような地道な取り組みが、現代日本では必要とされているのではないだろうか?