ビールが値上げ・・・。過激な価格競争にストップ!酒税アップ

6月1日改正酒税法施行

量販店やディスカウントショップが過激な値下げ競争を繰り広げている。
これにより中小の酒屋の経営が困難になる状況が続いていた。
そこで、中小の酒屋の経営を安定させることを目的として、昨年議員立法で成立し、6月1日から改正酒税法が施行された。

これを受けて、小売店でも値上げの動きが出始めている。

ある酒屋では、これまで仕入れ値とほぼ同価格で販売していたビールの価格を1割ほど値上げすることを決めたという。

酒税増税の影響は?

もちろん、増税の影響で消費者の手に届くときの価格が上昇するのは当然である。

それに伴って発生するのが、消費者の思考と行動の変化だ。

「年金生活だから、酒の価格高騰は非常に厳しい。このままでは飲む量を減らすしかない。」

「そもそも、し好品だから買えない料金になったら辞めるのは当然。」

いろいろな考え方はあるだろうが、今後の飲酒業界には大きな変化となりそうだ。