民泊は儲かるのか?Airbnbの普及にともなう民泊の現状

北海道でも民泊ビジネス

外国人観光客の訪日が増え続けているいま、宿泊施設の確保は国としても急務であるといえる。

外国人観光客に人気があるのは北海道だ。北海道ではニセコが特に外国人の知名度が高い。
北海道はウィンタースポーツの聖地ともいえるブランド力を持っているといえるだろう。
そんな北海道において民泊を始めようとする人は少なくないのではないだろうか?

札幌においては民泊に関する条例での規制がかなり厳しく、旅館業営業許可を取るのは現状困難といえる。
ゆえに違法民泊・民泊の無許可営業が蔓延しているのだが・・・。
民泊新法(住宅宿泊事業法)が施行された場合、合法的に民泊を行えるようになる。
おそらく新法施行で民泊業者は一気に増加するだろう。

はたして本当にもうかるのか

民泊を始めやすくなるといっても、実際に儲けが出るのかが始める人の一番の感心事だ。
始めたはいいけど、赤字続きではまったく参入の意味がありません。
どうやって、利益を出していくのかしっかり考えた上で始めなければ痛い目にあいそうだ。