テクノロジーとスタートアップ

テクノロジーとスタートアップ

最近、最新技術に関する記事やニュースを見るとかなりの割合で「スタートアップ」という言葉が目に付く。
これはここ数年で急速に増加してきた傾向にある。

スタートアップとは

英語で言う”StartUp”の意味は、「行動開始の」や「操業開始の」といった意味があります。
とりわけ日本のビジネス業界で言うと「立ち上げ」や「起業」といったニュアンスで使われることが多いようです。

スタートアップ企業とは単に「できたばかりの創業間もない企業」ということではありません。
ましてや、「IT企業」に限られたことではありません。
ただ、スタートアップで多い業界がIT業界というだけで、「IT起業」=「スタートアップ」ではありません。
(余談ですが、なぜスタートアップにIT系の起業が多いのかというと、IT業界はスピード感があるため、必然的に急速なスケールを目指す企業はIT業界になるのだと思います。)

さて、ではスタートアップとはどんな企業のことを言うのでしょうか?
日本のビジネス業界では「比較的新しい分野で、急速な成長速度を持ち、これから市場を開拓しようとするフェーズにある企業」という意味で使われています。
要は「高い成長レートで成長し続けるビジネス形態」であれば、スタートアップ企業といえるのです。
そして、その立ち上げ事業の目標が「イノベーションによる新たなビジネスモデルの構築」であることが注目すべき点でしょう。

ちなみに、ベンチャーとは「投資を受けている」といった意味が英語の意味になります。
日本では「先端技術で起業した企業」と思われていますが、実は「ベンチャー企業」とは和製英語で、海外ではまったく理解されません。

スタートアップの勢い

なぜスタートアップの勢いがあるのかというと、前述したように、スタートアップは「急成長するビジネス」であるからです。
そもそも勢いの無い成長速度の遅い企業はスタートアップと呼ばれないのです。
しかし、それにしても近年世界のビジネス業界を盛り上げているのはスタートアップ企業であることが非常に多いという印象を受けます。
インターネットの発達により、現代のビジネスのスピード感は想像を超えるものです。自宅にいながらにして、世界中の人々とコンタクトでき、顔を見ながら会話もでき、リアルタイムで交渉できる時代です。やる気さえあれば、ものすごい勢いで自らのビジネスをスケールさせることができるのです。
そんな世の中になりつつあるからこそ、実力と行動力のある起業家は「大企業に就職して安定を得る」という考えを排除して、自らの力で組織に属することなく、自由に働くというスタイルが世界で広がりつつあるのです。

スタートアップと投資家

スタートアップを狙う人のほとんどが、投資家からの投資を受けて急速にスケールしている。
それは、銀行がこのようなスタートアップ企業に融資することを渋るからでもあります。
銀行は既存の「安全そうなビジネスプラン」であれば、回収が可能と考えて融資しますが、「イノベーションによって市場を切り開く」ようなビジネスプランには不安で融資できないのでしょう。そもそも最先端の業界のことを理解している銀行員はどのくらいいるのかが疑問です。
しかし投資家はスタートアップのプランを聞き、将来どうなるかを想像できる人なのです。柔軟な頭で考え、且つ起業家のプランニングや事業の可能性をしっかり吟味した上で高額な投資を行うのです。有能なスタートアップ企業であれば、この投資を得てさらにスケール速度が上がるでしょう。
イノベーションを起こすスタートアップはほとんどが投資家とのつながりを持っています。
これらの投資家を「エンジェル投資家」と呼びます。

その他、スタートアップ時に助けてくれるのが、VCです。「ベンチャーキャピタル」といわれるものです。
VCとは

ハイリターンを狙ったアグレッシブな投資を行う投資会社(投資ファンド)のこと。 主に高い成長率を有する未上場企業に対して投資を行い、資金を投下するのと同時に経営コンサルティングを行い、投資先企業の価値向上を図る。

です。
新たにイノベーションを狙うスタートアップはVCや投資家に支援してもらいつつ急激な成長を遂げるのです。

スタートアップとコワーキングスペース

スタートアップはそもそもシリコンバレーが発祥です。そしてスタートアップの多くは、自宅の一室やコワーキングスペースから羽ばたいています。
現在日本にもコワーキングスペースは多く存在しています。日本もコワーキングスペース出身のスタートアップ企業が多く出てくる時代が来るかもしれませんね。