クロネコヤマトが配送料値上げ!?

27年ぶりに値上げに踏み切るのか!?

近年インターネットを介して買い物ができるようになり、それが急速に人々の生活に浸透した。
それに伴って、商品をお客様に届けるという需要が増大。
各配送業者の運搬絶対量が多くなってきている。そして人員に限りがある以上、それらの業務をこなすためには1人の負担がかなり大きくなっている。

そんな中、今回クロネコヤマトが値上げすることに対してはあまり驚かないという人が多いだろう。

値上げの対象は、「再配達」がメインということだが、やはり基本送料に関しても上がると予想されている。

再配達に料金がかかる場合、日時指定しないと受け取り側としては非常に「損」した気分になる。
注文した以降毎日家で商品の到着を待たなければならないと考えるとかなり煩わしい。

基本送料が上がることに関しては利用者側としては対処のしようが無い。
運送業者の労働条件が劣悪にならないためには、多少の値上げも仕方ないと思える。
そもそもここまで世の中が便利になったのは、輸送技術の急速な発達によるもので、便利になったがゆえにそれをオペレートする人間に大きな負担がかかるようになってきたんだろう。