競技【トリッキング】世界大会で日本人が史上初優勝! ~武術×アクロバットなエクストリームスポーツ~

一般社団法人日本トリッキング協会(所在地:兵庫県神戸市、略称:JTA)は、2017年12月オランダで行われた【トリッキング】の世界大会「Hooked2017」にて、当協会の認定普及員である日本人のDaisukeが優勝したことをご報告いたします。

 

Daisuke

 

《己の体のみで行う究極のアクロバット【トリッキング】とは?》

トリッキングとは、古くからの武術「マーシャルアーツ」をベースに、日本のお家芸とされた体操の床運動や新体操、ブレイクダンスや空手、テコンドーなどのさまざまなスポーツから「蹴り技」「宙返り」「ひねり技」などを組み合わせ自己表現をする、武術とエクストリームスポーツの中間に位置する唯一無二のエクストリーム武術スポーツです。

その見た目の派手さから、新たなるエクストリームスポーツとして国内外で急速な盛り上がりを見せ、ハリウッド映画や舞台、バックパフォーマンスなどに使用されており、既にさまざまなメディアが目をつけ始めています。

 

 

■大会概要

受賞者 :1. Daisuke Takahashi JP 日本

2. Danny Etkin    USA アメリカ

3. Aidan kennedy   USA アメリカ

4. Ali Gudiev     RS ロシア

大会名 :「Hooked2017」(フックド2017)

開催国 :オランダ アムステルダム

参加人数:800人(観客含め約1,000人・予選通過者17人)

 

今大会は超大型体操施設を貸し切りにし宿泊や食事などをすべて施設内で行えるようになっている。世界中各地から招待選手や一般エントリーを受け開催される。

3日間に分かれて行われ初日に予選、そして二日目に本選、ヨガやワークショップなどが無料で受けることができ、トランポリンも常設されており、一般の方々も楽しめるようになっている。

最終日はトレーニングやプレミアムワークショップなどが行われる。

 

<Hooked2017 オフィシャルアフタームービー>

 

<「Daisuke」インタビューでのコメント>

「未だ信じられない、昔からの夢の舞台に立てるだけでも光栄なのに日本の皆んなに希望を与えられて嬉しい」

「優勝のポイントは空中を540℃蹴り続ける『リアル竜巻旋風脚』を三連発するルーティーン」

 

 

■「Daisuke」プロフィール

小学生の時にバイオハザードの主人公に憧れ、小学五年生の時にアクロバットを始める。その後、トリッキングと出会う。2016年に日本で行われた3種類の全日本大会をすべて優勝、トリッキングバトルオブジャパン(TBJ)では、2017年も優勝、二連覇そして3冠王日本大会4連覇に輝き、2017年にアジア人が不可能とされていたHookedにて優勝を掴み取り世界中のプレイヤーに勇気をあたえ、絶対的チャンピオンと称される。

日本各地で、一般社団法人日本トリッキング協会の認定普及員としてトリッキング、バク転などの講師を行い、パフォーマンスイベントや、某アーティストバックダンサー、音楽、映像作品、アクロバット、トリッキングコーディネーターなど日々トリッキングの可能性を追い続けている。

また、トリッキングの普及を軸に、日本初のトリッキングを用いたパフォーマンスやアパレル、ワークショップなどを東京を中心に行う団体「トーキョートリッキングモブ」の代表を務める。

 

<2018年の予定>

4月22日   大型ダンスイベントにて

トーキョートリッキングモブのパフォーマンス(仮)

6月     熊本にてトリッキングバトルオブ九州の

審判およびデモンストレーション、ワークショップ

6~7月    韓国にて世界大会(仮)

7月16~23日 アメリカにて世界大会

7月未定   台湾にてアジア大会 全國特技空翻交流大賽2018

8月未定   トリッキングバトルオブジャパン(TBJ)

12月未定   Hooked2018(世界大会)

 

 

■協会概要

名称  : 一般社団法人日本トリッキング協会(JTA)

代表理事: 岡田 タイチ

所在地 : 〒651-0074 兵庫県神戸市中央区南本町1-1-1

事業内容: トリッキングの普及

トリッカーの支援育成をし、世界に向けて発信していく

URL   : https://tricking.jp/

post by @press

Content retrieved from: https://www.atpress.ne.jp/news/147547.